HCOC一言  
    

2002年3月前半



今月のHCOC一言


3月1日(金)


*** ちょっとした心霊現象 ***


俺、中学生。



悪友から借りたHビデオを、

親が寝静まったころ、居間にあるビデオデッキにそぉーっと差し込む。



親は起きてこないか?

ちょっとした物音にも敏感な親父の寝息を確認。



普段は大して気にならない、ウィーンガシャッという音がやけにでかく感じる。

もうちょっと静かに入りやがれ、このやろう!

音が漏れるといけないため、イヤホンをテレビにセットし、片方だけ耳に差し込む。

もう片方の耳は、親が起きてこないかどうかの確認という重要な任務を背負っている。



心臓をバクバクさせながら、初めてのHビデオの再生ボタンに指を乗せる。

エロ本からのステップアップ。

大人への階段を確実に一歩降りる登る。





再生ボタンを押す指に力を入れようとしたその時、突然、誰かの視線を強く感じる。

ふと横を見ると、テレビの横には親父お気に入りの漆塗りの高級仏壇が。

仏壇の扉の奥には、神々しく輝く黒金の位牌。





俺、このまま再生ボタンを押す気になれず、イヤホンをはずし、仏壇の前でひと拝み。

言い訳じみたことをブツブツつぶやき、仏壇の扉をそぉーっと閉める。



再びテレビの前に座り、イヤホンを片方装着し、再生ボタンをおもむろにプッシュ!










  ビデオウィィーン










  「お兄ちゃん!? 起きてるの?(寝室から)」

  まき!?


  「早く寝なさいよ。」

  まき「ちょちょッ・・・ちょっと天気予報を・・・。」





俺、安全を期して今日のところは一時退散。

もやもやした気持ちを抑えつつ、ビデオを取り出し、部屋に戻る。





次の日の朝。

毎朝、仏壇のお供え物を取り替えるのが日課の親父が、


  先祖思いの親父「誰か仏壇の扉閉めたのか!?」





俺、扉を閉めたナイスな理由が全くもって見つからず、終始とぼける。





しばらくの間、真木家が体験した、

ちょっとした心霊現象ということに。


3月2日(土)


やっと読み終えた。


半年前に石田くんに借りた「よろしくメカドック」全12巻を、だ。


もともとマンガは超がつくほど大好きなほうであるが、

こんなに一語一語調べながら読み進んだマンガが今まであっただろうか。





  風見 潤「いっつぁん、このチューン見てよ。ボア&ストロークアップで排気量3200cc!」


ん・・・ボア&ストロークをアップ・・・? 何ぞや・・・?

(出射 忠明著「自動車メカニズム図鑑」を調べること約1時間)



  風見 潤「圧縮比は9.4。キャブはウェーバー45パイを3連装!」


は?・・・圧縮比?・・・ウェーバー45パイ? はてはて・・・?

(出射 忠明著「自動車メカニズム図鑑」を調べること約1時間)





主人公が一言発するたびに、

1時間かけて図鑑を調べるという読み方を続けること約半年。

他のマンガよりも、何倍もタメになり、何倍も体力のいる半年間であった。


正直、よくぞ読み終えたと、自分で自分を誉めてあげたい。










ところで一つ不安があるのだが。










今どきターボラグとかキャブとかに詳しくなって、

ミーティングでやっていけるのだろうか、俺。


3月3日(日)


FISワールドカップのハーフパイプを観戦に、

真駒内(まこまない)スキー場に行ってきました。


正式名称は、

DyDoドリンコスペシャル NOKIAスノーボードFISワールドカップ
2002札幌・真駒内大会

です。


スノーボードのスピード・技を競い合う国際大会が、

札幌は真駒内スキー場で3日間を通して開催されたわけですが、私が行ったのは、

今まで一度も観戦したことのない、3日目のハーフパイプです。




  ・3月1日(金):パラレル・ジャイアントスラローム
  ・3月2日(土):パラレル・スラローム&BIG AIR
  ・3月3日(日):ハーフパイプ




個人的には、たった一度の大ジャンプに全ての技をそそぐワンメイクを見せてくれた

TOYOTA BIG AIR

の方が、多少、興奮度という点では上かなと思ったりもしましたが、

さすがに本大会も国際大会だけあって、

それぞれの国を代表するトップライダーたちのライディングは、

見とれるほどに華麗でダイナミック。

テレビで見るハーフパイプとは違って、

その高さ、スピード、技も、全てが全て迫力満点です。


周りを囲むファンたちも、東京や大阪、果ては九州からはるばる観戦に来ています。





パンフレットを購入した人のみが参加できる、大会後のお楽しみ抽選会。


商品は、大会記念オリジナルグッズ、スノーボードの板、

プリンスホテルの宿泊券、スキー場のシーズン券と、なかなかに豪華です。


500円をはたいてパンフを買った私も、大会と同じくらい胸がワクワクです。










  DJ「大会記念オリジナルグッズ、当選者は西区からお越しの・・・。」

  DJ「なんだよー。お前かよー。」(大会スタッフに当たったらしい)


会場、シーン・・・。



  DJ「北広島プリンスホテル宿泊券、当選者は北広島からお越しの・・・。」


・・・。



  DJ「真駒内スキー場シーズン券、当選者は佐賀県からお越しの・・・。」


・・・。










盛り上がり度で言えば・・・


大会の大成功とは裏腹に、

どうやら抽選会の方はちょっとだけ失敗だったようです。


3月4日(月)


昨日の深夜、

最近ステッカーのことが気になって仕方がないというミッチーからまた電話が。


  ミッチー「ひな祭りだねー、まきさん。」

  まき「そうねー。」


  ミッチー「なんかやった?」

  まき「別にぃ・・・。」

  ミッチー「だめだよ、まきさん。ひな祭りと言えば『ひなパーティ』だよ。」

  まき「は? なんーじゃ、そりゃ。」

  ミッチー「『ひなケーキ』買ってきてさ、娘たちと『ひなパーティ』しなきゃ。」










  ミッチー「常識だよ、俺んちでは。」










知らんがな。


3月5日(火)


熱が出た。


この(個人的に)忙しい時期に、だ。

熱など出している場合ではないのに。





夕方くらいに体の異常を感じて早めに帰宅。

電子体温計で熱を測ること約1分。





ピピピッ! 37.2度





・・・やはり。


寝込むほどのものでもないが、微熱は確かにある。












そうか、知恵熱か。

お見舞いメールはこちら



3月6日(水)


まだ熱が下がらない。


この(個人的に)忙しい時期に、だ。

熱など出している場合ではないのに。



今日も夕方くらいに早めに帰宅。

電子体温計で熱を測ること約1分。



ピピピッ! 37.4度



・・・やはり。

寝込むほどのものでもないが、もう少し安静にしておこう。




















お見舞いメールは こちら だって!!(泣)






(彼女が急性胃炎になったときのお見舞いメールは12件)



3月7日(木)


コンビニが消えていた。


いつもよく利用させてもらっている、うちから最も近いセイコー●ート。

うちの前の角を曲がると、いやでも目に入るネオンが今日はない。



不思議に思い、近くまで駆け寄ってみると、



改装中のため、しばらく休業します



の立て看板が。





それにしても、

敷地にはコンビニがあった形跡は微塵もなく、

こんもりと積み上げられたガレキの上には

勝ち誇ったように力強くショベルを持ち上げるショベルカー。












こんな感じ










いつも客が少なくて、

このコンビニ大丈夫かなと心配させるほどであったが、





俺にはどう見ても、強制的に立ち退かされたようにしか見えない。


3月8日(金)


今日はHCOC定期ミーティング。




  ・4月下旬から始まるツーリングの日程や行き先
  ・ステッカーの原案
  ・OBメンバーの定義




などなど・・・。





もしかしたら(個人的に言えば)、

今までで一番真剣に話し合ったかもしれないミーティングであった。


今年度の6回のツーリングも、本当におもしろくて壮大なものになりそうだ。





会場への到着は、自身2度目の1番乗りかと思ったら、



ちょっと隠れたところでジュンくんがニヤニヤしてた。


3月9日(土)


パソコンのやりすぎで、最近腰が痛い。


夜、彼女にひと揉みお願いすることに。





  まき「ゴメン、ちょっと腰揉んでくれない?」

  彼女「いいよ。」

  まき「ありがとね。」





  彼女「そこに寝てくれる?」

  まき「うん、分かった。」



  彼女「・・・。」



  まきアイタタタタ・・・。」(寝そべる)



  彼女「・・・(汗)。」



  まき「ん? どした・・・?」




















  彼女ぶ・・・ぶたクジラ!!































たしかに最近、運動不足でちょっとぽっちゃり気味かもしれないが・・・。

そんな組み合わせ、あまりにもムゴイ。


3月10日(日)3月15日(金)


電話回線が故障したため、更新停止。





掲示板に「たまっている一言の更新を・・・」とウソこいたのは謝ります。



それにしても、ネットが繋がらないと、夜やることありません。

宝物の「代紋TAKE2」を1巻から読み直すくらいしか。

いかに自分がネットに依存していたのかが分かります。





*** 3月15日(金) 白石区の"とんでん"にて ***




  まき「いやぁ、ネット繋がらないとPC起動してもやることねーよ。」


  山崎「マインスイーパとかあるじゃないですか。」 ←冗談ぽく


  まき「そうかぁ、ハハハ。」










  石田「あとソリティアあんべ、ソリティア。」 ←真剣(マジ)



    
 

トップページに戻る

Copyright 1999- HCOC HOKKAIDO dreamcivic.com. All Rights Reserved.