2002年度第1回ツーリング in 夕張  
    

2002年4月28日(日)、ついにやってきました、今年度初のツーリング。

長い冬の間、この日を楽しみにしていたメンバーが何人いたことか。

目的地は夕張「石炭の歴史村」&毛湯温泉です。



「マックスバリュー」の駐車場にて
GW中ということで、

少なめの参加台数を予想していたにも関わらず、

集合場所に集まったのはなんと20台。

初参加の方も多いので、

昨年と同じように、

・ツーリングでの諸注意
・チーム編成

の発表から始まります。

今回のチーム編成は

@石田(EG9)→山下(志)(EK4)→鈴木(EG9)→小池(EK9)
A(●^o^●)(EG9)→木村(EK3)→成田(EF5)→ひろ☆(EK9)
B山崎(EP3)→蛯名(EK4)→若山(EG4)→三好(EG6)→古屋(EK3)
C真木(EG4)→萬年(EG4)→石原(EG9)→大沼(EG9)

+追っかけ佐藤(敬)(EG9)、北原(EF6)

です。





夕張の紅葉山にて
(●^o^●)さんひろ☆さん古屋くん大沼くんは、初めてのチームリーダー(サポーター)ですが、昨年、何回も一緒に走ってくれたということで、不安はまったくありません。

予定通り、お昼頃に「石炭の歴史村」に到着です。

天気も、この日の我々を歓迎するかのように、雲一つない快晴です。

「石炭の歴史村」内のレストランで全員で昼食を取った後、PM3:00までの自由行動です。

野郎どもは、限られた時間内にどれだけ低予算で楽しむか、それを考えているだけで時間が刻々と過ぎてしまってる様子です。

女性陣は、とりあえずフリーパス券を買って、回れるだけ回ろうって魂胆です。

もちろん、夕張メロンアイスは予定から外せません。



乗り物を取るか、ガオレンジャーショーを取るかで相談しあう野郎ども



私はなぜか、川本くんと仲良く絶叫マシーンです。



絶叫マシーンの順番待ちをするメンバー達。

不安と期待が入り混じった表情です。

ひろ☆私、絶叫マシーンダメなんですぅ!

私はあなたのEK9の加速の方が恐いと思います。





  PM3:00になり、

  もうちょっと遊びたかった・・・という不満を抱きながらトボトボと駐車場に戻ると、

  なにやら不審な男たちが数名、私のシビックの周りに集まっています。

  恐る恐る近づいてみると、なぜか私のシビックが宙に浮いています!



    まき「く・・・車ドロボウッ!!」

    メンバー「まきさん、これローテーション逆じゃね?」


  どうも、私のシビックの前輪が、左右逆についていたということで、

  私が戻る前に7、8人でタイヤ交換をしていてくれたとか。

  なんたるイージーミス!

  ツーリング中にタイヤ交換したしてもらったのは初めてです。





「石炭の歴史村」の駐車場にて、

ホームページのトップを飾る1枚を撮ります。

ツーリング中で、しかも時間と駐車スペースに余裕があるときにしか撮れない壮大な集合写真に、全員高台に上ってパシャパシャです。

ここで、道東支部メンバーとはお別れです。

遠いところ、本当にお疲れ様でした。






帰りはチーム編成を若干変更し、

一路、岩見沢の「毛陽温泉メープルロッジ」へ向かいます。

初参加の方々も、いきなり裸のつきあいです。

露天風呂がなかったため、いつも通りゆっくり車講座が開かれるといった訳にはいきませんでしたが、女性陣には特にその泉質が好評で、お風呂上りにはみんなツルツルです。



楽しかった夕張ツーリングも、

岩見沢の生協駐車場にて総解散です。


家に帰るまでがツーリングです。
決して気を抜かないよう。


いつもの言葉にて締めくくられます。





  今回のツーリングは、

  ・GW中にも関わらず道が空いていてスムーズに走れて、
  ・チームごとの意思の疎通もバッチリで、
  ・イベントもそれぞれが満喫して、
  ・私はタイヤ交換もしてもらって、

  ということで、大成功と呼ぶにふさわしいものだったのではないでしょうか。


  参加された皆様、本当にお疲れ様でした。

  残念ながら参加できなかった皆様、次回の参加をお待ちしております。


  次回は5月26日(日)、伝統の当別ツーリングです。

  次回も大成功となりますように!



    
 

ツーリングリストに戻る     年度別リストに戻る

Copyright 1999- HCOC HOKKAIDO dreamcivic.com. All Rights Reserved.