2002年度第3回ツーリング(2日目) in 帯広  
    

2002年6月29日(土)〜30日(日)、今年もやってきました、一泊ツーリング。

2日目の目的地は、帯広の「ナイタイ高原」です。



  AM7:30に朝食のため集まった我々一向。

  案の定、全員、寝不足でまぶたはプックリです。

  AM9:30に玄関前に集合、AM10:00に出発です。

  今日も安全運転でお願いしますよ!





お会計を済ませ、今日から合流する予定のまことくん石原くんを、玄関前で全員で待ちます。

再び(●^o^●)さんを先頭に上士幌町の「ナイタイ高原」目指していざ出発です。



久々に信号待ちで停止する15台

本日のチーム編成は以下の通り。

@(●^o^●)(EG9)→兒玉(EP3)→大沼(EG9)→石原(EG9)→川本(EG6)
Aひろ☆(EK9)→木村(EK3)→蛯名(EK4)→成田(EF5)→山崎(EP3)
B石田(EG9)→安倍(EF2)→鈴木(EG9)→まこと(EG4)→真木(EG4)



これぞ北海道、これぞ十勝といった果てしなく続く道を、CIVIC&CR-Xの隊列が風のように駆け抜けます。

早朝はすこし雲がかっていた空も、「ナイタイ高原」に近づくにつれ、少しずつ青色を増していきます。

まるで、十勝の大空と大地が、我々を歓迎してくれているかのようです。



「ナイタイ高原」では、これでもかとばかりに雄大な景色を堪能した後、

全員で名物「巨大ソフトクリーム」に挑戦です。

昨年の「道東支部設立パーティ&記念ツーリング」のときに、

ミッチーが食べ過ぎておなかを壊したという曰く付きのアイスです。

 


記念写真を撮った後、一向は「ナイタイ高原」を後にし、昼食をとるため、鹿追町の「大草原の小さな家」に向かいます。

今回のツーリングに計画段階から力を貸してくださったひろ☆さんは、残念ながらお仕事のため、ここでお別れです。




  メンバー「今日、右折か左折したっけ?」

と思ってしまいそうなほどの真っ直ぐな道をひた走り、予定時刻に「大草原の小さな家」に到着です。




テラスの4つのテーブルを貸し切り、馬たちがひなたぼっこする牧場を眺めながら、各自、おいしい料理に舌鼓を打ちます。







昼食後は、約1時間程、自由時間です。

暑くてピクリとも動かない馬たちと戯れたり、芝生の上に寝転んだり、隣の売店でお土産を買ったり、性懲りもなくまたソフトクリームをパクついたりと、それぞれ思い思いの時間を満喫します。






  楽しい時間はアッという間に過ぎ去ってしまうもので、

  PM3:00、残念ながらここで道東支部のみなさんとお別れです。

  いつもは見送られる立場の

  (●^o^●)さん大沼くんまことくん石原くん

  出口に並んで、我々の出発を見送ってくれます。







  さて、10台となった札幌組は、清水町で一旦給油をし、

  全台の車の調子を確認してから、再び日勝峠を駆け上がります。


  ここで異例の措置。

  総解散場所である「日高の道の駅」まで、各自自由走行です。

  疲れもピークに達しようかという今、まったりと並んで走るより、

  登坂車線を利用してメリハリをつけて自由に走った方が安全だろう、

  との判断からです。

  また、岩手に帰る安倍さんのフェリーの時間も考慮に入れての決断です。





異例の措置が効を奏し、予定より早めに「日高の道の駅」に到着です。

楽しかった今回のツーリングもここで総解散です。

今まで何度この言葉でツーリングを締めくくってきたことか。

今回も例に漏れず、全員の胸に染み込ませます。


  まき「家に着くまでがツーリングです。」

  まき「解散後も、決して気を抜かないように。」





  解散後は、

  一足先に苫小牧方面に向かった鈴木さん兒玉さん

  苫小牧フェリーターミナルに向かう安倍さんまき石田くん木村くん

  札幌に向かう川本くん麩澤さん山崎さん成田さん蛯名くん

  に分かれ、それぞれの帰路に着きます。







  今回のツーリングにおいて、

  計画段階から、ルート選定・各予約関係に力を貸してくださった道東支部の

  (●^o^●)さんひろ☆さん

  本当にありがとうございました。

  おかげさまで、

  前回の一泊ツーリングよりもグッと内容の濃いものになったと思います。





  フェリーに乗って本州は岩手から駆けつけてくれた

  安倍さんケンボウ

  遠いところ、本当にありがとうございました。

  初めての自分の愛車でのツーリング、いかがでしたか?





  今回参加された皆様、本当にお疲れ様でした。

  残念ながら参加できなかった皆様、次回のご参加を心からお待ちしております。


  それではまたお会いする日まで。















【番外編】



苫小牧フェリーターミナルにて乗船手続き終了後、安倍さんケンボウまき石田くん木村くんの5人で軽く夕食をとり、来年の再会を固く約束し、無事、2人と愛車EF2を見送ります。


2人とも、分かってますね。


家に着くまでがツーリングです。


つまり、あなた達は次の日の朝までツーリング中ってことです。



「帯広ツーリング、1日目」へ

    
 

ツーリングリストに戻る     年度別リストに戻る

Copyright 1999- HCOC HOKKAIDO dreamcivic.com. All Rights Reserved.